標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北九州市・下関市野外実習1日目/平尾台千仏鍾乳洞

<<   作成日時 : 2012/02/15 23:10   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

北九州市・下関市野外実習1日目/平尾台千仏鍾乳洞

毎年2月に2泊3日で野外実習の授業を実施しています。
2011年広島市
2010年京都市
2009年名古屋市

学生にとっては1回しか行かないので、毎年行き先を変える必要はないのですが、自分の勉強のために行き先を変えて実施しており、今年は北九州市と下関市にしました。

スターフライヤーで北九州空港へ。10月に鹿児島でのGIS学会で使ったスカイマークと違い、ドリンクサービスや液晶画面などサービスがよくて座席も余裕がある気がしました。

北九州空港からはバスで小倉へ。13:00ホテル集合なので、学生も三々五々好みの交通手段で集まってきました。

この日は半日でカルスト地形で有名な平尾台に行くらしいのですが(行き先は学生達で決めています)、ちょっと集合時間に遅れた学生がいて、当初の予定の英彦山線に乗れなくなってしまいました(1時間に一本しかない)。

平尾台観光タクシーのデマンドバスを予約していたので、ちょっと困りましたが、うまいこと西鉄バスがあるようなのでバスで中谷バス停へ。デマンドバスには申し訳ないけど少し待っていただきました。近年、コミュニティバスの増加とともに、時間を予約すると来てくれるオンデマンドバスというのも増えてきています。

9人乗れる「カルスト号」とタクシー1台に乗り、一人600円で平尾台観察センターまで行きます。
画像


ちょっと天気がよくないのですが、雨は降ってないので茶屋ヶ床園地にぬかるんだハイキングコースを歩きます。森を抜けると視界が開けてカレンフェルトが広がります。何だか石灰岩が黒くなってますが、野焼きのためだと思われます。関東には顕著なカルスト地形が無いので(鍾乳洞や石灰石鉱山はありますが)、はじめて見る学生も多かったようです。青空だと綺麗なのですが、曇天で残念でした。
画像


しばらく歩いて、千仏鍾乳洞に行きます。入る際には、膝まで水に浸かるので、サンダルを借ります。入り口はこんな感じです。鍾乳石が垂れ下がっていてたいへん珍しい。かがんで入ります。
画像


中は、最初は広いのですが、すぐに狭くなります。水が流れていて、そのうち流れの中を歩くようになります。水はかなり冷たく、ひーって感じです。が、戻る頃にはだいぶ慣れました。水流はありますが、意外とフリクションがよく、滑って転ぶことはありません。
画像


予想したよりも設備が原始的な鍾乳洞で、水に洗われて綺麗でした。ここの鍾乳洞はかなりいい感じでした。

鍾乳洞の駐車場までタクシーを呼び、英彦山線の石原町駅まで戻りました。4人ずつ乗れば、タクシーでも1人当たり600円かかりませんでした。

英彦山線で小倉駅に戻り、この日はバイキング晩ご飯でした。乗り物の予約だけでなく食事もすべて学生に手配して貰っていたので、助かっています。

ホテル周辺は歓楽街で、狭い街路に入ったら客引きにたくさん遭遇してしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北九州市・下関市野外実習1日目/平尾台千仏鍾乳洞 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる