標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月の国内人口移動では東日本から西日本への傾向が!

<<   作成日時 : 2011/05/31 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

4月の国内人口移動では東日本から西日本への傾向が!

4月の住民基本台帳人口移動報告月報が公表されました。
http://www.stat.go.jp/data/idou/sokuhou/tsuki/index.htm

これは住民票の移動があった場合でなければ数字に表れません。

福島県の転出超過数は7,456人で、2010年4月の1807人転出超過を大きく上回りました。
詳しくは統計局のPDFで。
http://www.stat.go.jp/data/idou/sokuhou/tsuki/pdf/gaikyou.pdf

都道府県ごとの傾向を見てみました。

まずは総数です。
通常、地方圏から大都市圏への移動が顕著ですが、今年は特に福島県と宮城県の減少が顕著です。

画像


次に年齢階級別で、幼児期を見てみます。

0〜4歳です。むむ、福島だけでなく関東地方でかなりの転出超過。
画像


5〜9歳です。やはり関東地方でも転出超過です。
画像


親年齢に相当する、35〜39歳です。やはり関東地方でも転出超過です。
画像


実は、もともとこれらの年齢層では、Uターンにより大都市圏側が転出超過になりやすいのです。
2010年4月の0-4歳と比較します。
画像


確かに、2010年4月でも東京都・神奈川県では転出超過になっていますが、2011年では転出超過数がかなり増加しています。
2010年4月には転出超過だった、大阪府と愛知県が転入超過となっていることから、関東地方から西日本への移動が増加したか、逆に西日本から関東地方への移動が減少したことがわかります。

埼玉県だけ増加しているのは、福島県からの移動者が多いためと思われます。

いずれにしても、今年4月の人口移動は東日本大震災の影響を強く受けていることは間違いありません。これは1995年1月の阪神・淡路大震災以来の規模です。

年齢階級別転出入の実数は調べていないので、また詳しく分かりましたら報告します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月の国内人口移動では東日本から西日本への傾向が! 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる