標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球儀の使い方(日付に対応した自転を楽しむ)

<<   作成日時 : 2011/04/05 15:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

地理学習の地球儀では、国の位置を調べたり、距離や方位を測ったりして、正しい地球・世界のイメージを理解するのに役立ちますが、他にはどのように使えるでしょうか。

ここでは、固定された地軸の傾きと、自転の回転を使った活用方法を紹介します。

通常の地球儀は次の写真のように傾けて取り付けられていますが、これは地球の自転軸が公転面に対して垂直でなく、約23.4度傾いていることを示しています。地球儀を固定している枠を「弓」と呼んでいますが、これには緯度の目盛がついています。

画像


今回はこの「弓」を使って、日付に対応した自転状況を再現する方法を紹介します。

その際に地球儀を自分から見て真正面に弓が来るように置きます(何だか写真だと弓が歪んでますが...)。これが夏至の日に太陽から地球を眺めた状態となります。

この状態で地球儀を回転させると、夏至の日の1日を再現できます。地球の自転方向は西から東ですので、その方向に回転させていき、日本が左側から見えた瞬間が、日本の日の出となります。

画像


夏至以外では、冬至も簡単に分かりますが、それ以外の状態を知る場合は、台座に月が入った目盛をつけておきます。

秋分と春分がどちら側に来るかわかりにくいかも知れませんが、地球の公転の向きは自転と同様、北極側から見て反時計回りです。

目盛は次のようになります。なお、目盛りは台座に固定しておきます。

画像


調べたい時期の目盛りを、自分から見て正面に向くように台座を動かせば、その時期の地球の昼夜の変化が簡単に分かります。正面に来た場所がちょうど正午となります。


※最初から目盛がついた地球儀をメーカーさんが製造してくれると助かりますね。

※地球儀製造・販売の(株)オルビイスさんが、「季節目盛」と題した目盛シートを付属させて販売してくれるそうです。(4/25追記)
http://www.orbys.jp/2011/04/25/t23/


これによってどのようなことが分かるかというと、

・夏至(冬至の日)には一日中太陽から見える(見えない)場所があるぞ!
 →北極圏(南極圏)

・夏至(冬至)の正午に正面に来た地点に破線が引いてあるぞ!
 →北回帰線(南回帰線)

・4/5のテレビでロンドンの朝を中継していた。日本はいつごろだろう?
 →地球儀を回すとほとんど日本は日没だ。冬至の頃は日本とイギリスに同時に日が当たることはないようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球儀の使い方(日付に対応した自転を楽しむ) 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる