標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 財産税法 その2

<<   作成日時 : 2009/08/22 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前財産税法について少し書きました。

http://standardization.at.webry.info/200903/article_12.html

本文章執筆時点のwikiペディアによると、

「連合国軍占領下の日本において執行された、戦時利得の没収を目的とする税法(一般財産税、臨時税)である。GHQの発した「戦時利得の除去及び国家財政の再編成に関する覚書[1]」に基づいて、戦時補償を打ち切るための戦時補償特別措置法(昭和21年法律第38号)と併せて制定された。」

とあります。

しかし、
大蔵省財政史局編(1977)『昭和財政史−終戦から講話まで− 第7巻』東洋経済新報社
を読むと、Wikiの記述が誤っていることがわかります。

財産税法は、もともとは政府財政の健全化を意図して日本側で考え出されたようです。
また、「戦時利得の没収」は、「財産税」ではなく「財産増価税」として考えられていましたが、GHQとの相談のもと、戦前の財産調査が困難といった理由で行われませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
財産税法 その2 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる