テーマ:地震

海岸沿いでも死亡率の低かった地区:岩沼市寺島地区

海岸沿いでも死亡率の低かった地区:岩沼市寺島地区 先日、町・大字別死亡率の地図を作成しましたが、 http://ktgis.net/tohoku_data/small_area_map/index.html その中で非常に死亡率が高い地区もあれば、低い地区もあります。 低い地区は、基本的に次のような要素に該当しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災 津波被災地域の町・大字別死亡者分布/NHKクローズアップ現代「震災データマップ」裏話

東日本大震災 岩手県・宮城県・福島県津波被災地域の町・大字別死亡者分布のページを作成しました。 http://ktgis.net/tohoku_data/small_area_map/index.html これまで、死亡者・行方不明者の状況は市町村単位でしか把握されていませんでしたが、地区ごとに地形等の条件が異なることから、より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波浸水範囲のデータ

東日本大震災時の津波の浸水範囲については、 国土地理院10万分1浸水範囲概況図 http://www.gsi.go.jp/kikaku/kikaku60003.html 日本地理学会津波被災マップ http://map311.ecom-plat.jp/map/map/?mid=40&cid=3&gid=0 といった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県のもも

今年の夏の桃の市場はどうだったのか、ちょっと気になったので調べてみました。 データは東京都中央卸売市場「市場統計情報(月報・年報)」です。 今年だけでは比較できないので、4年分調べてみました。 東京都中央卸売市場のももの取扱量を見ると、7月は山梨県産が大部分を占め、8月になると山梨県産と福島県産で二分されます。9月になると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今昔マップ2」に「仙台~いわき編」を追加しました

拙作ソフト時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」のデータセットに、「仙台~いわき編」を追加しました。 http://ktgis.net/kjmap/ 以前からご利用の場合は、ソフト本体のバージョンアップが必要ですので、こちらからバージョンアップ版をダウンロード・解凍して上書きコピーしてください。 http://ktgi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月までの被災地の人口移動/転出超過が続く福島県

6月に「3-5月の被災地の人口移動と転校」という記事を書きましたが、その後の経過を追ってみます。 データとしては、「住民基本台帳人口移動報告月報」の9月分までを使用し、毎月の年齢階級別の転出超過数の累計を示しています。また、比較のために2010年3月から示しています。 福島県 福島県では、5月以降も転出超過が続いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災の死者・行方不明者/住家被害(10月11日現在)を地図化しました

10月11日現在の消防庁資料による東日本大震災の死者・行方不明者と住家被害を地図化しました。 消防庁災害対策本部:平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)(第140報) http://www.fdma.go.jp/bn/data/%E5%B9%B3%E6%88%9023%E5%B9%B4%EF%BC%882011…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「今昔マップ2」三陸海岸北編・三陸海岸南編を公開しました

拙作ソフト時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」のデータセットに、「三陸海岸北編」「三陸海岸南編」を追加しました。 http://ktgis.net/kjmap/ 以前からご利用の場合は、ソフト本体のバージョンアップが必要ですので、こちらからバージョンアップ版をダウンロード・解凍して上書きコピーしてください。 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災の死者・行方不明者/住家被害(7月14日現在)を地図化しました

※より新しい10月11日のデータによる地図も作成してあります。 7月14日現在の消防庁資料による東日本大震災の死者・行方不明者と住家被害を地図化しました。 消防庁災害対策本部:平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について(第132報) http://www.fdma.go.jp/bn/data/%E5%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高台に移転した釜石市唐丹町本郷地区

釜石市唐丹町本郷地区は、明治三陸地震津波後に一時数戸が移転したが、その後原地に復帰したため、昭和三陸地震津波で再び全滅。 その後に高台移転し、今回の津波から逃れることのできた集落の1つです。 集落の高台移転の資料。「東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会(第5回)」 http://www.bousai…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3-5月の被災地の人口移動と転校

※9月までの集計も行っています。(11/1追記) 「住民基本台帳人口移動報告月報」5月の結果が公表されました http://www.stat.go.jp/data/idou/sokuhou/tsuki/index.htm 3-5月の人口移動を元に年齢別転入超過数を集計しました。 まず、単純な転入超過数を前年同期と比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発の警戒区域・避難区域の面積を求めてみました

福島第一原発に関する警戒区域・避難区域は4月23日より次の三種類になっています。 ・警戒区域(~20km):許可無く立ち入りすることは禁止。 http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110421003/20110421003.html ・計画的避難区域:事故発生から1年の期間内に積算線量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発事故・避難関連の経緯

3月11日  14:46 東北地方太平洋沖地震発生 19:03 福島第一原発/原子力緊急事態宣言 http://www.kantei.go.jp/saigai/pdf/201106131700genpatsu.pdf http://www.kantei.go.jp/saigai/pdf/kinkyujitaisengen.pdf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3・4月の人口移動量と2010年3・4月の人口移動量を比較しました

住民基本台帳人口移動報告月報を元に、2011年3・4月の人口移動量と、前年の2010年3・4月の人口移動量を比較しました。 岩手県・宮城県・福島県への転入者数の変化です。この地域への転入者は全国的に減少しました。 福島県への転入者数の変化です。上の図と同様、福島県への転入者は全国的に減少しました。 関東地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の国内人口移動では東日本から西日本への傾向が!

4月の国内人口移動では東日本から西日本への傾向が! 4月の住民基本台帳人口移動報告月報が公表されました。 http://www.stat.go.jp/data/idou/sokuhou/tsuki/index.htm これは住民票の移動があった場合でなければ数字に表れません。 福島県の転出超過数は7,456人で、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波浸水域の人口に関する統計局データと筆者推計の比較

津波浸水域の人口に関する統計局データと筆者推計の比較 津波の浸水した範囲には、被災前にどれくらいの人口がいたのか? 私は政府機関からなかなか情報が出されないので気になり、3月30日に2005年の500mメッシュ人口を使った数値を公開しました。 その後、総務省統計局、宮澤仁先生による集計が出されたので、それぞれを比較してみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地の学校と、小学校の新しい社会科教科書

今年から、小学校の教科書は新しい指導要領に対応した教科書に変わったようです。 中学校が来年度からなので、小学校も来年度からかと勘違いしてました。 ただし、4年生の社会は22年度配本の「3・4 年下」となるそうです。 うちの子どもが3年生なので、3年生の教科書(東京書籍)を見てみました。 3年生では、主に身近な地域の市町村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県の被災地人口

昨日の岩手県・宮城県に続き、福島県について被災地人口を推計しました。 データは国勢調査500mメッシュ人口(2005年)です。 国土地理院の被災地空中写真は、どうしたわけか福島県の南相馬市よりも南が公開されておらず、日本地理学会の津波遡上高の地図も作成されていません。仕方ないのでGoogle Earthの衛星画像を使用して津波浸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震後の津波被災範囲について、2005年の人口を集計しました

国土地理院の被災地空中写真や、それを使った日本地理学会の津波遡上範囲の地図が出ました。 津波浸水範囲と、2005年500mメッシュ人口をGISでオーバーレイして集計すれば、被災地人口がだいたいわかります(残念ながら、2010年国勢調査結果はまだ市町村単位でしか公表されていないため、使えません)。 次の図は、津波被災範囲の50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オルソ画像とMANDARA用統合ファイル(岩手県・宮城県・福島県)

MANDARA上で人口データとともに、被災地のオルソ画像を表示する手順を示しておきます。 とりあえず岩手県です。 ①被災地のオルソ画像保存用のファイルをダウンロード http://ktgis.net/tohoku_data/mdrfile/tsunami_area_image.zip ダウンロードしたら解凍して下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県東部の標高・等高線地図

測定される放射線量が場所によってかなり高低があるようです。 http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304001.htm 地形・風向き・天候によって変化すると思いますが、ここでは地形を見るために等高線と標高で色分けした地図を提示します。 福島原発の西側の阿武隈…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

国土地理院の東北地方太平洋沖地震正射画像データをMANDARAで表示する

国土地理院から東北地方太平洋沖地震正射画像データが公開されています。 http://saigai.gsi.go.jp/h23taiheiyo-zort/index.html これをMANDARAの背景画像に設定するにはどうすればよいか? まず、jpegファイル名が平面直角座標系で用いられる図葉コードであることがわかりました。平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の原発避難地域内の人口

■この内容は3月末までの内容です。4/1以降は修正していないのでご注意ください。 ■この記事の内容は、こちらのページにより詳細に書いています(3/31追記)。 http://ktgis.net/tohoku_data/tsunami_area_population.html 報道では、福島第一原発から20km・福島第二原発…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホウレンソウ出荷停止

福島、茨城、栃木、群馬の各県産ホウレンソウ、かき菜と、福島県産の牛乳が、放射能の検出により出荷停止となったそうです。 http://www.asahi.com/national/update/0321/TKY201103210203.html 大学の「人文地理学特講義A」の授業で、農作物の出荷状況を調べるレポートを出したのですが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

津波ハザードマップ

津波被害が予想される地域では、だいたい「津波ハザードマップ」が作成されています。 千葉県の旭市では、今回の津波でかなりの被害が発生しましたが、Google Earthで見た津波の到達範囲 http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=en&geocode=&q=http:%2F%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計画停電生活

計画停電も3日目になります。 東京電力の人は、よく1日で立案したものだと感心します。 昨日は、夜6時50分~9時まで停電していました。停電中、外を見て回りました。月が明るいです。オリオン座もよく見えます。 コンビニは暗くなっています。信号は消えてますが、交通量が少なく特に問題ないようです。 真っ暗で静かな住宅地の中、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自動車・通行実績情報マップ(本田技研)

本田技研が東北地方での自動車通行実績情報を公開しています。 通行実績情報の閲覧について http://traffic.premium-club.jp/earthquake/sanriku/ 被災地に出入りする人には便利かと思いますが、3/14の通行実績を見て気になりました。 ・宮城県南部の、角田市、丸森町あたりで通行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東・東北地方の太平洋岸等高線の一部修正

本日は、学生の安否確認に一日費やしましたが、帰宅後に関東・東北地方の太平洋岸等高線データを一部修正しました。 Google Mapsでの標高10m等高線では、移動がしやすいように市町村ごとのジャンプボタンを付けました。 宮城県などでは、近年の市町村合併で地名がだいぶ変わっているので、合併前の町村名も分かるように示しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more