テーマ:GIS

MANDARAでタイルマップ画像を生成する方法

Web地図サービスで、Googleマップ上に独自の地図画像を重ねているサービスを見たことがあると思います(たとえば今昔マップ on the webなど)。 このような画像としてWeb上で地図を配信する際のフォーマットとして、タイルマップサービスというものがあります。 ここではMANDARAで作成した地図を、タイルマップ形式で出力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緯度経度からメッシュコードへ

いつも緯度経度からメッシュコードに変換するのに試行錯誤してしまうので、メモ。 Dim lat1 As Integer = Int(LatLon.Latitude / (40 / 60)) Dim lat2 As Integer = Int(LatLon.Latitude / (5 / 60)) M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイルマップで緯度経度からタイルを求める

Googleマップで採用されている地図画像の形式であるタイルマップは、地理院地図でも使われるなど地図をネットで公開する際に便利な形式です。 これをgoogle Maps APIなどから使う際には、自動的に表示範囲の地図画像が読み込まれて表示されるので、詳しい仕組みを知らなくてもいいのですが、スタンドアローンのソフトで表示する場合に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今昔マップ on the web」のWebサイトへの埋め込み

時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」でインラインフレームを使って今昔マップの地図をWebサイトやブログに埋め込めるようになりました。 「共有」ボタンをクリックすると、リンクURLと埋め込みコードが表示されます。 リンクをクリックして表示させたい場合は、「リンクURL」を貼りつけます。 We…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国土地理院の標高API

国土地理院のWebサービスである標高APIは、緯度経度を送るとその地点の標高を返してくれる便利なサービス。 http://portal.cyberjapan.jp/portalsite/info/dem.html Google Maps APIでも標高を取得できますが、日本国内なら国土地理院のデータがより確実でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Google Maps APIのエンコード化ポリラインアルゴリズム

Google Maps APIでは線や多角形を描けますが、緯度経度の座標が多くなると、ファイルが座標で埋め尽くされてしまいます。そこで、座標を圧縮する方式として、エンコード化ポリラインアルゴリズムが用意されています。この方法では、座標列は文字列に置き換えられます。 Google Maps API V3では、ジオメトリライブラリを組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ktgis.netのWebサイトへの接続方法

※9/26現在、おおむね復旧して問題は解消したようです 昨日24日から、私の諸々のWebサイト ktgis.net に接続できなくなっています。 これは、ドメインの更新を忘れていたためで、手続きをしたのでそのうち回復すると思いますが、それまでは http://sv53.wadax.ne.jp/~ktgis-net/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google EarthでローカルPC内の写真を目印クリックで表示する

※現在では「ローカル画像を追加」ボタンがあるので、以下の方法を使わなくても簡単に追加できるようになりました。 Google Earthでは、説明欄にimgタグを使うことで、目印をクリックすると吹き出しの中に画像を表示させることができます。 画像がインターネット上にある場合は、URLを指定すればよいので問題ないのですが、ローカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今昔マップ2」に「仙台~いわき編」を追加しました

拙作ソフト時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」のデータセットに、「仙台~いわき編」を追加しました。 http://ktgis.net/kjmap/ 以前からご利用の場合は、ソフト本体のバージョンアップが必要ですので、こちらからバージョンアップ版をダウンロード・解凍して上書きコピーしてください。 http://ktgi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今昔マップ2」三陸海岸北編・三陸海岸南編を公開しました

拙作ソフト時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」のデータセットに、「三陸海岸北編」「三陸海岸南編」を追加しました。 http://ktgis.net/kjmap/ 以前からご利用の場合は、ソフト本体のバージョンアップが必要ですので、こちらからバージョンアップ版をダウンロード・解凍して上書きコピーしてください。 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今昔マップ」2.10を公開しました

首都圏・中京圏・京阪神圏の旧版地形図を新旧切り替えながら表示させ、比較しながら楽しめる「今昔マップ2」のバージョン2.10を公開しました。 http://ktgis.net/kjmap/ 今回のバージョンアップでは以下のようなデータの追加・修正があります。 データの追加 ・中京圏編、京阪神圏編に明治期の1/2万正式図をそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MANDARA9.33公開

MANDARAのバージョン9.33を公開しました。 9.32のリリースからまだあまりたっていませんが、9.32にエラーがいくつか見つかったので早めにバージョンアップしました。 今回の更新内容はこちらです。 http://ktgis.net/mandara/history.html 利用可能な背景画像の種類が増えたほか、面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緯度経度情報つきの日本の市町村・鉄道の時空間モード地図ファイルを公開

これまで、MANDARA用地図ファイル「日本市町村.mpf」は、全国の1960年以降の市町村を表示できましたが、緯度経度情報がなかったため何かと不便でした。 そのため、国土数値情報などで必要な箇所だけ作成するなどしていた方が多かったと思いますが、このたび「日本市町村鉄道緯度経度.mpf」を公開しました。 http://ktg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国土数値情報の小学校区データを見てみる

国土数値情報から小学校区のデータが公開されています。 http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/jpgis/datalist/KsjTmplt-A27.html こんな細かいデータを全国で整備するとは、国土交通省国土計画局は偉い!どこの会社が業務を受託しているのかなぁ。 シェープファイルに変換するためのksjTo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Googleマイマップで作ったような分布図を、マイマップでない方法で作る方法

ジオコーディングのページおよび緯度経度から地図化のページで゜、表示した分布図をそのままウェッブサイトとして表示できる「HTMLデータ取得」機能を作成しました。 http://ktgis.net/gcode/lonlatmapping.html ポイントを表示しておいて、「HTMLデータ取得」をクリックすると、テクストボックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県の被災地人口

昨日の岩手県・宮城県に続き、福島県について被災地人口を推計しました。 データは国勢調査500mメッシュ人口(2005年)です。 国土地理院の被災地空中写真は、どうしたわけか福島県の南相馬市よりも南が公開されておらず、日本地理学会の津波遡上高の地図も作成されていません。仕方ないのでGoogle Earthの衛星画像を使用して津波浸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震後の津波被災範囲について、2005年の人口を集計しました

国土地理院の被災地空中写真や、それを使った日本地理学会の津波遡上範囲の地図が出ました。 津波浸水範囲と、2005年500mメッシュ人口をGISでオーバーレイして集計すれば、被災地人口がだいたいわかります(残念ながら、2010年国勢調査結果はまだ市町村単位でしか公表されていないため、使えません)。 次の図は、津波被災範囲の50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MANDARA9.32を公開しました

本日MANDARA9.32を公開しました。 http://ktgis.net/mandara/download/index.html 今回のバージョンアップでは、背景画像として従来の「うおっちず」に替えて「電子国土基本図」を使えるようにし、合わせて従来「国土情報オルソ化空中写真」にあって2010年に提供が中止され、国土地理院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オルソ画像とMANDARA用統合ファイル(岩手県・宮城県・福島県)

MANDARA上で人口データとともに、被災地のオルソ画像を表示する手順を示しておきます。 とりあえず岩手県です。 ①被災地のオルソ画像保存用のファイルをダウンロード http://ktgis.net/tohoku_data/mdrfile/tsunami_area_image.zip ダウンロードしたら解凍して下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フリーGISソフト MANDARAパーフェクトマスター」を刊行しました

非常にタイミングが悪い時期ですが、「フリーGISソフト MANDARAパーフェクトマスター」を古今書院から刊行しました。 http://ktgis.net/mandara/text/index.html 「MANDARAとExcelによる市民のためのGIS講座」が比較的長めの手順で目標とする地図を作成していくのに対し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県東部の標高・等高線地図

測定される放射線量が場所によってかなり高低があるようです。 http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304001.htm 地形・風向き・天候によって変化すると思いますが、ここでは地形を見るために等高線と標高で色分けした地図を提示します。 福島原発の西側の阿武隈…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

国土地理院の東北地方太平洋沖地震正射画像データをMANDARAで表示する

国土地理院から東北地方太平洋沖地震正射画像データが公開されています。 http://saigai.gsi.go.jp/h23taiheiyo-zort/index.html これをMANDARAの背景画像に設定するにはどうすればよいか? まず、jpegファイル名が平面直角座標系で用いられる図葉コードであることがわかりました。平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島の原発避難地域内の人口

■この内容は3月末までの内容です。4/1以降は修正していないのでご注意ください。 ■この記事の内容は、こちらのページにより詳細に書いています(3/31追記)。 http://ktgis.net/tohoku_data/tsunami_area_population.html 報道では、福島第一原発から20km・福島第二原発…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自動車・通行実績情報マップ(本田技研)

本田技研が東北地方での自動車通行実績情報を公開しています。 通行実績情報の閲覧について http://traffic.premium-club.jp/earthquake/sanriku/ 被災地に出入りする人には便利かと思いますが、3/14の通行実績を見て気になりました。 ・宮城県南部の、角田市、丸森町あたりで通行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東・東北地方の太平洋岸等高線の一部修正

本日は、学生の安否確認に一日費やしましたが、帰宅後に関東・東北地方の太平洋岸等高線データを一部修正しました。 Google Mapsでの標高10m等高線では、移動がしやすいように市町村ごとのジャンプボタンを付けました。 宮城県などでは、近年の市町村合併で地名がだいぶ変わっているので、合併前の町村名も分かるように示しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more