テーマ:統計

戦前~戦時期にかけての工業統計表(工場統計表)メモ

工業統計は統計法で指定される基幹統計の一つで、日本の工業の実態を明らかにする基礎資料であり、経済産業省により毎年実施されています。 その沿革は経済産業省のWebサイトに掲載されていますが、調査の開始は1909年(明治42年)にさかのぼります。 ここでは、メモ代わりに戦前から戦時期までの同調査の変遷と留意点をまとめてみます。な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人口ピラミッド作成サイトを公開ました

人口ピラミッドは社会科や地理の資料でよく使われますが、Excelで作るのは結構面倒です。 参考:Excel2007で人口ピラミッド作成 http://standardization.at.webry.info/200812/article_6.html そこで、男女・年齢別人口を貼りつけるだけで人口ピラミッドを作成するWebサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3-5月の被災地の人口移動と転校

※9月までの集計も行っています。(11/1追記) 「住民基本台帳人口移動報告月報」5月の結果が公表されました http://www.stat.go.jp/data/idou/sokuhou/tsuki/index.htm 3-5月の人口移動を元に年齢別転入超過数を集計しました。 まず、単純な転入超過数を前年同期と比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3・4月の人口移動量と2010年3・4月の人口移動量を比較しました

住民基本台帳人口移動報告月報を元に、2011年3・4月の人口移動量と、前年の2010年3・4月の人口移動量を比較しました。 岩手県・宮城県・福島県への転入者数の変化です。この地域への転入者は全国的に減少しました。 福島県への転入者数の変化です。上の図と同様、福島県への転入者は全国的に減少しました。 関東地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の国内人口移動では東日本から西日本への傾向が!

4月の国内人口移動では東日本から西日本への傾向が! 4月の住民基本台帳人口移動報告月報が公表されました。 http://www.stat.go.jp/data/idou/sokuhou/tsuki/index.htm これは住民票の移動があった場合でなければ数字に表れません。 福島県の転出超過数は7,456人で、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年「住民基本台帳人口移動報告年報」の年齢別移動データを見てみました

2010年分から、「住民基本台帳人口移動報告年報」で詳細集計が追加され、年齢(各歳)別転入・転出者数が分かるようになりました。 http://www.stat.go.jp/data/idou/2010np/shousai/youyaku/index.htm 確かこれは各学会から要望が多い統計だったかと思います。画期的ですね! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地図で見る統計(統計GIS)の使い方

「人口分布図」で検索すると、なぜかこのブログのこのページがトップに来るらしく、 http://standardization.at.webry.info/200805/article_12.html このページだけアクセス数がやけに多くなっています。 せっかく来てもらったのに素っ気ない内容で申し訳ないので、 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹・農産物統計

農林水産省「わがマチ・わがムラ 」 http://www.machimura.maff.go.jp/machi/index.html の「データ検索」で市町村別の農産物・果樹等の作付面積、収穫量をCSVファイルでダウンロードできます。 うーん、でもなんだか抜けてる箇所がありますね。 こちらはどうでしょう。 農林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「政府統計の総合窓口」のデータベース機能がすごい

国の統計がまとめられている「政府統計の総合窓口」ですが、これまであまり使っていなかったデータベースの機能を使ってみました。 目的は過去の国勢調査データで、Excel形式のデータは用意されていません。 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL02100104.do?tocd=00200521 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦時の在日朝鮮人人口 その2

1944年末の在日朝鮮人人口は前回検討しました。 http://standardization.at.webry.info/201006/article_4.html 次は終戦時の朝鮮人人口について検討しましょう。 当然、終戦当日の調査はないので、その前後から推定することになります。 なお、終戦後は沖縄県などが日本の統計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦時の在日朝鮮人人口 その1

1944年末の朝鮮人人口に関するいろいろな数字を検討してみました。 (1)坪江汕二1965『在日本朝鮮人概況』厳南堂、元データは内務省警保局 1,936,843人 うち樺太25,434人、沖縄102人 (2)引揚援護庁1950『引揚援護の記録』引揚援護庁,p.55 1,911,307人 これは、(1)の1,936,84…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩槻のひな人形シェア

以前埼玉県のひな人形出荷額は全国一位という記事を書きましたが、 http://standardization.at.webry.info/200907/article_7.html 市区町村別はわかりませんでした。 ふと、さいたま市統計書を見たところ、 http://www.city.saitama.jp/www/c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年住民基本台帳人口移動報告を見る

総務省統計局より、2009年住民基本台帳人口移動報告が公表されていました。 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001063515 これをちょっと集計してみたところ、面白い傾向がわかりました。 1.大都市圏別 東京圏/東京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューヨークの通勤交通手段

ちょっと仕事でニューヨークの通勤交通手段を調べてみました。 久々に「2000年合衆国センサスデータ抽出ツール」を使いましたが、便利ですねぇ(自分で作ったツールだけど)。 http://ktgis.net/lab/software/det_for_uscensus2000/index.html http://ktgis.ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県の雛人形

埼玉県は、岩槻・鴻巣・所沢などで雛人形の製造が行われていて、有力な伝統産業になっています。 「工業統計表」では、「節句人形、ひな人形」の品目分類があり、2007年には出荷額約70億円で全国の46%を占めてトップとなっています。 「工業統計表」は、経済産業省のホームページにおいて過去分も(画像ですが)公開されています。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・統計法

気がつかなかったのですが、新しい統計法が平成21年4月1日から施行されていたんですね。 従来、主要な統計は「指定統計」と呼ばれていましたが、新統計法では「基幹統計」となりました。 また、統計によっては「オーダーメード集計」や「匿名データの提供」といつた新しいサービスが受けられるようです。 http://www.stat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総務省統計局の統計図書館

今日は久々に総務省統計局の統計図書館に行ってきました。 ちょっと不便な場所ですが、統計ばかり揃った図書館で、周囲すべて統計という、統計マニアの聖地とも言われて・・・ないか。 国会図書館に比べて、開架の統計が多いので便利です。今回は、市町村の合併情報を調べに行きました。 市町村の境界は合併だけでなく部分的な境界変更も少なくあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1945年11月1日付の日本の年齢別性比

1945年は国勢調査は行われなかったが、11月1日に、人口調査というものが行われた。 この調査は調査時に日本(沖縄県を除く)に居住しているものが対象で、戦争で本土から出ている者は集計されなかった。 男性は徴兵されて戦場に送られたため、日本国内には女性が多くなったはずである。 そこで、年齢(この調査では数え年)別に性比をグラ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Excel2007で人口ピラミッド作成

Excel2007で人口ピラミッドを作る方法は、いくつか考えられる。その内の一つを紹介する。他の方法もネットでいろいろ紹介されているが、なかなか決め手となるものはないようだ。 1.A列に年齢、C列に女、D列に男の人口を入れておき、B列には式でD列の男の人口を反転させていれておく。 2.A列からC列まで必要な範囲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都中央卸売市場のデータ

今年は社会科概説の講義で農業について話す予定だが、農業の統計は非常に多岐にわたっていて難しい。 そうした中で、卸売市場への地域別・月別農産物の取引実績を知りたい、と思ったら、意外にも?公開されているのを発見した。 東京都中央卸売市場の市場統計情報 http://www.shijou-tokei.metro.tokyo.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校基本調査ODデータ

人口移動についての最も重要なデータは先日紹介した「住民基本台帳人口移動報告」である。 http://standardization.at.webry.info/200805/article_8.html それと同じくらい重要なのが、「学校基本調査」である。この調査は人口移動と関係なさそうに見えるが、その中には高卒就職者、短大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地図で見る統計(統計GIS)」で町丁ごとの人口密度分布を示す

「政府統計の総合窓口」にあるWeb GISの「地図で見る統計(統計GIS)」は、「統計GISプラザ」時代から操作方法がややこしい。 そこで単純に町丁別人口密度分布を示す手順を記す。 「政府統計の総合窓口」 http://www.e-stat.go.jp ↓ 地図で見る統計(統計GIS) ↓ 地図に表す統計データ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住民基本台帳人口移動報告

総務省の住民基本台帳人口移動報告は長期的な国内人口移動を把握する重要なデータである。 その2007年分の年次報告が4月28日に公表されている。 http://www.stat.go.jp/data/idou/index.htm 今回まで気がつかなかったのだが、報告書非掲載表として「移動前の住所地(都道府県,18大都市及びそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府統計の総合窓口

これまで総務省統計局にあった統計GISプラザが「政府統計の総合窓口」の「地図で見る統計」に移った。 http://e-stat.go.jp/ 統計GISの操作方法はあまり変わらず、使いにくい。使わないからいいけど。 政府関係の統計データが一目でわかるので、これからはここだけチェックすればよくなった(かな?)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more