子持山(1296m)を登ってきました

関越道を赤城IC付近から西の山を見ると、顕著な岩のハングのある山がありますが、それ。が子持山です。南から見ると、西側の小野子山(1208m)ときれいに並んで見えます。

小野子山は2年前に登ったことがありますが、なだらかな山でした。似たような標高の山ですが、小野子山よりも子持山の方が新しい火山(といっても約90万~20万年前に活動)だそうです。

今日は子持山に出かけます。朝7時に家を出て、9時前には南側の子持神社の林道に入ります。かなり細い林道なので大丈夫だろうかと思いましたが、神社を過ぎてしばらく登ると5号橋付近の駐車場に到着しました。他にも結構止まっていました。

ここから標高差650mです。左右に大きな岩が聳える林道を歩きますが、上の方にも駐車場は結構ありました。6号橋からの登山道を見送り、7号橋の登山口から登ります。登山届けのポストがあったので、記入して出発します。
画像

沢沿いに登りますが、すぐ左側に屏風岩が頭上高くそびえていて圧倒されます。今日は御嶽講の白装束の人が何やら叫んでいたので、長居しづらくそのまま通り過ぎます。クライミングルートがあるはずですが、よくわかりませんでした。

そのまま沢沿いを歩くと、湧き水の水飲み場があります。そこで水は涸れますが、尾根までは結構あって急斜面をジグザグに登っていきます。1時間ほどしてだいぶ暑くなってきたところで獅子岩(大黒岩)下の尾根に出ます。ここは風があって涼しいです。

ここから獅子岩の東側を巻く急登になります。が、すぐにアクシデント発生。1年生がひっくり返って一回転してしまい、頭から出血(>_<)。こんな早くこけるとは思わなかったので注意不足でした。子どもの場合は頭保護のためにも帽子をかぶった方がいいですね。

獅子岩の上に出られるコースもあるのですが、危ないのでパスしてそのまま山頂に向かいます。一つニセピークがあってがっかりさせられますが、祠のある分岐まで尾根を歩きます。振り返ると獅子岩とその上で休んでいる人がよく見えます。子連れでは落ちそうでくつろげない感じですね。
画像


ここから急登になって、岩尾根をロープを使ったりしながら登ります。子どもも楽しんでいました。やがて山頂に到着。山頂には「十二山神」と書かれた石碑が建っています。この辺りの山の神は「十二山神」というのでしょうか。小野子山の西の方にも「十二ヶ岳」という山もあるし。Wikipediaによると12月12日が山の神の日らしいので、そこからきたのでしょうね。
画像

霞んでいたこともあって周囲の展望は今ひとつでしたが、谷川岳方面の残雪はほんの少しだけになっていました。

下山は、大タルミ経由で下ります。祠まで岩尾根を慎重に下り、祠から大タルミに下ります。岩場ではありませんが、かなり急な下りで、ゆるくなると大タルミです。木々の間から獅子岩のハングが見えました。獅子岩にはフリーのマルチピッチルートがあるそうですが、見えている方の反対側がルートのようです。多分ハングにもボルトが打ってあるのでしょうね。
画像


ここから沢に入ります。面白い岩がたくさんあって楽しめます。こちらはローソク状の岩です。ちっょとハングしていてトップロープにしたら楽しめそうですが、裏側からでも簡単には登れませんね。
画像


これは素晴らしい形で、ハイヒール型の岩です。「ハイヒール岩」と命名したいですね。
画像


ゴルジュ状の地形です。岩は八ヶ岳西面のような感じのゴツゴツしたものですが、もっと柔らかくて鳳来の凝灰岩のような感じです。
画像


アクシデントもありましたが、岩が多くて楽しい登山でした。

タイム:
車9:15--10:16獅子岩下の尾根--11:45山頂12:15--13:50車



ラバーダム/植田谷堰

荒川の支流の鴨川に植田谷堰という堰があります。

画像


ちょっと変わった堰で、コンクリートではなくゴムのようです。
操作設備を見ると、「ラバーダム」と書かれていて、さらに空気で膨らませているようです。
風船のような感じで堰き止めいるようですが、よく流されないものですね。

画像


「ゴム引布製起伏堰」と言うようで、全国にけっうあるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%A0%E5%BC%95%E5%B8%83%E8%A3%BD%E8%B5%B7%E4%BC%8F%E5%A0%B0

植田谷堰という名前なので、ここから鴨川右岸の水田に水を引いていると思い、かねがね水門と水路を探していたのですが、見つかりません。

今日、昭和49年建立の「植田谷堰之碑」を見つけたので、読んでみました。
画像


これによると、慶長5年に伊奈氏が備前堤を築いて関沼溜井を築いたことが始まりで、昭和11年鴨川改修に伴い現在位置に移築。しかし近年都市化に伴う水質悪化により農業用水として使えなくなった。そこで新たに地下水を農業用水の水源として使うということになり、昭和47年に井戸の鑿井工事が完了したので記念して碑を建立したと書かれています。

とすると、今の堰は何に使われているのでしょうか...。


ヘチマ栽培2012

昨年ヘチマの栽培に成功したので、今年もGWに種をまきました。

2週間くらいで発芽したのですが、その後はぽつぽつと発芽しています。

多少大きくなったヘチマはプランターから地面にしました。

画像


しかし去年の同時期に比べると生長速度が遅いですね。
http://standardization.at.webry.info/201106/article_3.html

地上部分はあま大きくありませんが、土中の根はかなり広く張っていたので今後に期待します。
また、今年はキュウリの苗も植えたので楽しみです。

荒川河川敷

荒川の河川敷までキャッチボールのため時々出かけるのですが、途中にいろいろ面白いものが見られます。

水路の交差する箇所に板をはめて水位を調整しています。 鴨川の植田谷堰から取水した水だと思うのですが、地下水をくみ上げているのかもしれません。(現在では鴨川の水は使われておらず、地下水を使用していると記念碑に書かれいました。6/17追記)
画像


一日おきに水位の高い水路を入れ替えています。結構細かいですね。「午后○の日わ」って女子高生が書いてるのでしょうか。
画像


一方でポータブルのポンプで水路の水をくみ上げている所も多いのです。
画像


河川敷の中にある横堤です。真っ直ぐ伸びていて気持ちいいですね。
画像


キジがいました。
画像


赤面してます。
画像

久々の御岳ボルダー

多摩川の御岳渓谷にある御岳ボルダーに出かけました。以前は頻繁に行っていたのですが、近年は夏に水遊びに出かける程度でクライミングシューズを持って出かけるのは3年ぶりくらいです。

昼頃に出発し、発電所の駐車場にクルマを止めて、デラシネボルダーに向かいます。このボルダーの周りにはこれといった岩がないのでだいたい空いています。

ハングを登るのですが、久々でも登れました。


その後、ソフトクリーム岩に向かいます。もう夕方のせいか、登っている人はいませんでした。デラシネボルダーで腕を使ってしまい、右側の簡単な課題も苦労して登りました。色は石灰岩ぽいのですが、多分チャートでしょうか。
画像


そういえば、黒本が行方不明なので探さないと...。

尾瀬:鳩待峠からアヤメ平(1969m)・残雪期登山

尾瀬:鳩待峠からアヤメ平(1969m)・残雪期登山

今年のGW後半は福島の吾妻山に行く計画だったものの、天気が悪くただの観光になってしまいました。

そこで、残雪期の山として尾瀬の中ではマイナーなアヤメ平に出かけることにしました。この時期の尾瀬は、至仏山が登山道規制のために登れなくなります。また鳩待峠までは自家用車で入れず、戸倉からバスか乗合タクシーで入らないと行けないので、ちょっと面倒です。

6時に自宅を出て9時に戸倉の駐車場に到着(1日1,000円)。この時期はスキーの渋滞がないので速く到着です。駐車場はこんなもんかな、という程度に埋まっています。クルマも続々とやってくるというよりは、パラパラと入ってきます。ちょっと風があり寒いのですが、高気圧が張り出す予定なので風もそのうち弱まるでしょう。普通の運動靴で行く人もいるようです(5月なのに、ちょっとなめてますね)。

しばらく待って9人そろってから乗合タクシーに乗って鳩待峠へ。大人1人900円で家族全員で3,150円と割高感があるものの、距離は結構あると思うので仕方ないか。

標高1590mの鳩待峠に到着。登山道入り口から既に雪があるのでカッパの下とスパッツをつけます。子どもは足が細いので、スパッツがずり落ちてきますが、仕方ない。

至仏山に登れないこの時期は、多くの人は山の鼻に下って尾瀬ヶ原を歩きますが、アヤメ平へは東側に登っていきます。

登りはじめは傾斜がありますが、少しで非常に緩やかなタラタラ登りになります。登山道は見えませんが、木々にマーカーかテープが着いているので、それを追っていけば大丈夫です。先行者の足跡は数人分だけついていました。シラビソとダケカンバの疎林が続きますが、傾斜も景色も変わりません。
画像


一回休憩して、しばらく進むと横田代の湿原に出ます。至仏山がよく見えるので木道脇のベンチで休憩します。湿原上は風で雪が飛ばされるためか、地面が露出している箇所が多くなっています。今日は快晴でホントに登山日和です。
画像


またダラダラと登って、中原山を通り過ぎて少し下るとアヤメ平です。ベンチには5人くらい登山者が来てました。燧ヶ岳がよく見えます。
画像


北側には遠く平ヶ岳が見えます。鳩待峠からだと往復2泊3日が標準ですが、道は無いのでこちらからは積雪期だけしか行けません。北側の山はホントに雪が多いですね。
画像


南側には日光白根山が見えますが、南側の山はやはり雪が少ないです。

しばらく遊んで鳩待峠に下山です。南西側は武尊山ですが、樹林が等高線沿いに横縞になっています。何でしょうね?
画像


画像


画像


雪の上の歩行で子ども達は疲れたらしく、よく滑って転んでいました。子どもというのは、転びそうな箇所では必ず転ぶので、急斜面のトラバースのあるような山には積雪期には連れて行かない方がいいです。1人だけなら、タイトロープの猿回し状態で連れて行けますが。

下山もタラタラと長かったです。


尾瀬の入山者数は1996年の65万人をピークに、近年は30-35万人と半減しているようです。
http://www.oze-fnd.or.jp/main/nature/nature1/riyou_data.html
尾瀬はいろいろ規制をかけてきたので、入山者の減少もその成果でしょう。


タイム:
鳩待峠10:15--11:50横田代12:00--12:37アヤメ平13:34--15:15鳩待峠

全国の県庁所在地で最も遅く市になったのは埼玉県浦和市でした

全国の県庁所在地を、市制施行が新しい順に並べました。

その結果、最も新しい市は埼玉県浦和市で、1934(昭和9)年2月11日に市制を施行したことがわかりました。

順位府県名県庁所在地市制施行年月日
1埼玉県浦和市1934/2/11
2山口県山口市1929/4/10
3宮崎県宮崎市1924/4/1
4北海道札幌市1922/8/1
5沖縄県那覇市1921/5/20
6千葉県千葉市1921/1/1
7大分県大分市1911/4/1
8福島県福島市1907/4/1
9滋賀県大津市1898/10/1
10青森県青森市1898/4/1
11奈良県奈良市1898/2/1
12長野県長野市1897/4/1
13栃木県宇都宮市1896/4/1
14群馬県前橋市1892/4/1
15香川県高松市1890/2/15
16愛媛県松山市1889/12/15
17愛知県名古屋市1889/10/1
17鳥取県鳥取市1889/10/1
17徳島県徳島市1889/10/1
20山梨県甲府市1889/7/1
20岐阜県岐阜市1889/7/1
22岡山県岡山市1889/6/1
23東京府東京市1889/5/1
24その他の県庁所在地1889/4/1