大阪野外実習1日目 あべのハルカス~通天閣~梅田

今年度の人文地理学野外実習は、2007年度以来の大阪です。参加学生は6人と手頃な人数です。

新幹線で向かいます。途中の名古屋駅では、ずいぶん高層ビルが増えていました。


当初堺あたりに泊まろうと思ったのですが、手頃な値段の宿泊施設が少なかったので、江坂に宿泊となりました。
いつものように13:00に現地ホテル集合です。今回は高速バス2人、新幹線4人でした。

大阪周遊パスという、大阪市の地下鉄やいろいろな施設に無料で入場できる券を購入して出発。

最初は2014年にできた日本で一番高いビル、あべのハルカスに御堂筋線で向かいます。
ここは大阪周遊パスは使えず、300mの展望台へは1600円かかります。

エレベーターを出ると、すごい高度感です。周囲に高いビルがないので、ミニチュアの街が広がっている感じです。

北側の梅田方面です。200mのビルも小さく感じます。大阪空港に降りる飛行機が同じくらいの高さに見えました。


東側は山麓まで低層の市街地が広がっています。眼下のマンションは100mくらいの高さですが、小さく感じます。


あべのハルカスを出て北側から見上げた写真です。


次は四天王寺に向かいます。この寺は何度も火災にあって古い建物は残っていないようです。五重塔は耐震工事中でした。
行き先は学生が決めるのですが、なぜここに寄ったのかと思ったら、『テニスの王子様』に出てくる「四天宝寺中学校」のモデル校だから見てみたかったとのことでした...。


四天王寺から通天閣に歩いて向かいます。上町台地を下ると新世界の北側にでます。新世界とは明治末にここにできた遊興施設です。

現在の通天閣は東京タワーや名古屋テレビ塔と同じ内藤多仲氏が設計。高さ100mと、周囲の建物からちょっと高い程度ですが、あべのハルカスが綺麗に見えました。以前に来たときよりも商業色が濃くて辟易しました。入場者の多くは中国人観光客のようでした。


次は大阪城に向かう予定でしたが、閉館時間に間に合わないと言うことで、梅田方面のオフィス街を見学することにしました。
淀屋橋駅で降りて、北に歩きます。オフィス街の夕暮れが綺麗です。




そうこうするうちに、暗くなりました。梅田駅の隣に、1998年にできた、HEP fiveというファッションビルがあり、そこに観覧車があって気になっていたのですが、大阪周遊パスで無料で乗れるということだったので、乗ってみました。
北側を眺めたところで、左下が阪急梅田駅。中央に光っているのが1992年に阪急の開発した超高層ビル「アプローズタワー」です。男4人には、1周する時間が長く感じました(笑)。


近辺でお好み焼きを食べてから、さらに梅田スカイビルに向かいます。大阪駅の北側は以前貨物駅でしたが、うめきたと呼ばれる再開発地区となっていて、2013年にはグランフロント大阪のビル群が開業しています。

イルミネーションの明るいグランフロント大阪を過ぎて、長い地下道を抜けると1993年に完成した梅田スカイビルで、この屋上が空中庭園という展望台になっています。
平日夜なので、すいているかと思いましたが、外国人旅行者がエレベータの前に列をなしていて、日本語はあまり聞こえません。

空中庭園はやはり夜景が綺麗でした。外国のガイドブックにもそう開設されているんでしょうね。
南側の梅田方面です。手前の暗い箇所は貨物駅跡。


北側は暗い淀川がをはさんで光っていて印象的です。


8時過ぎまでうろうろして、江坂のホテルに戻りました。

春節ということで、中国人観光客の数がすごいですね。

高尾山(599m)~小仏城山(670m)(2016年1月3日)

この冬はすごい暖冬で、正月も3月並みの暖かさ。
せっかくなので初めて高尾山にでかけました。

数年前に圏央道が高尾山まで開通して、自動車でのアクセスが簡単になりました。

高尾山ICで降りて、高尾駅北口側のコインパーキングに駐車して出発です。

といってもまずは京王線で高尾山口まで移動です。

終点なので全員降り、そのままケーブルカー方面に移動するので凄い人数です。
ほとんどの人は普段着です。

ケーブルカー乗り場では、リフトとケーブルカーに分かれるので、今回はリフトに乗ることにしました。
券を購入して行列に15分ほど並んで乗ります。ここのリフトは、足下もベルトコンベアになっています。

12分で山上駅です。東側の展望がきれいてすが、今日はかすんでいて遠くまで見えませんでした。


土産物店がならぶ参道を人波とともに移動します。大きな杉がところどころあります。


薬王院に着くと、すごい人混みです。参拝は長い列になっているので、おみくじだけ引いてそのまま進みます。

そこからは多少山道らしくなって、人もだいぶへります。

高尾山山頂です。凄い人です。薬王院から他のルートで登ってきている人もあわさり、数百人はいると思います。木が切られていて、富士山がよく見えますが、ちょっとかすんでいます。


暖かな日差しの元、弁当を食べて西側の小仏城山へ向かいます。

ここからは道を歩く人もだいぶ少なくなって、ハイカーのみといった感じです。

150mほど下って、200m登り返します。登山道は霜が解けてどろどろの箇所もあります。このコースは岩がほとんどありません。

登りでは息が切れてへろへろでしたが、何とか登頂。城山の方が眺めがいいです。夜に登ると夜景が綺麗そうです。東側は天狗の顔が置いてあります。



城山からは相模湖駅に向けて西側に下ります。階段になっている道をトントン下っていきます。なぜか歩く人はほとんどいません。

途中、中央道の小仏トンネルの渋滞が見えました。

墓が見えてきたと思ったら、ふいに舗装道に出ます。ちょっと下ると国道に。

バス停があって、見るとすぐに来るようなのでバスに乗って相模湖駅まで。
歩くと40分くらいかかったかも。

相模湖駅から高尾駅まで1駅戻りますが、中央線がすし詰めの満員でビックリしました。

今回はあまり岩が見えなかったので、あまり面白くなかったですね。



タイム:リフト上11:25--12:00薬王院--12:21高尾山12:40--13:35小仏城山13:55--14:40バス停

日和田山~物見山(375m)~黒尾根

今日は室内犬のトレーニングのため日和田山にでかけました。

巾着田の駐車場にとめますが、少ししかとまっていません。
登山口に向かうと、コンビニの横にあった布袋様が違う位置に移動してました。

登山口の駐車場にはたくさん車がとまってます。

鳥居のところからは男坂に向かいます。
画像


人と歩くところがちょっと違います。
画像


ちょっと息が切れましたが、金比羅神社に到着。10回くらいはきてると思います。
いつもの巾着田をはじめ、今日は空気が澄んでいて富士山もよく見えました。
ここは風が当たらず暖かいです。
画像


弁当を食べていたら、唐揚げを落としてしまいましたが、犬が全部拾って食べてくれました(笑)。
画像


日和田山の頂上はパスして、物見山に向かいます。
画像

画像


物見山から巾着田に戻るのに、いくつかある沢沿いの林道から降りようかと、地形図で適当に目星をつけておきました。

小瀬名集落への分岐で南にいく道に入り、左に駒高集落への道を分けて尾根を進みます。看板を見たら、黒尾根と書いてありました。

地形図では西側の尾根に行く道を右に分けるはずですが、よくわからずそのまま進むと送電線の鉄塔です。ここから右下に西側の沢に下るようですが、道はそのまま尾根を南に向かいます。

間伐作業中の隣を通ってどんどん進みます。このまま下るとどこに出るかわからないので、できれば東側の駒高から沢沿いに下る林道に降りたいところです。

標高240m付近から東に向かう尾根があるので、そこに道があるかな~と思っていたら、案の定、左・山道、まっすぐ高麗、という看板があります。

高麗でもいいけどはやいところ車道に出ようということで、左の「山道」を下ることにします。最初は踏み跡が濃かったのですが、途中で右下に下る部分で消えてしまいます。

右下に下らず、まっすぐ尾根上を下ると、薄いながらも踏み跡があり、ちょっとした鞍部に到着。

北側と南側両方から踏み跡らしきものがあって峠状ですが、左の方が林道にはやく出そうなので左を下ります。

林道が見えてきましたが、そうとう藪っぽいです。一人ならいいですが、子どもと犬がいるので気をつけて下ります。

林道に出る箇所の小沢に木が渡してありますが、腐っていて渡れないのでちょっと苦労して道路に出ます。

室内犬が降りれない、と言い出したので、抱っこして降りました。

あとは道路沿いに下って巾着田に戻ることができました。
画像


全然ネットで調べずに適当に歩いたのですが、返ってから調べるとこのあたりの尾根にはだいたい道がついていて歩いている人が結構いるようです。





タイム:巾着田駐車場11:40--12:10金比羅神社12:40--13:30物見山13:45--15:00巾着田

秩父温泉から破風山(626.5m)

先週は長瀞の宝登山に登りましたが、今日はそのちょっと奥の破風山(はっぷさん)に出かけることにしました。

上の子は模試があるので、朝そこまで車で送ってやり、下の子を連れて長瀞方面へ。
花園から有料道路経由で皆野町の秩父温泉満願の湯に向かいます。

温泉駐車場の上に登山者用駐車場があるので、そこから出発です。
トイレの前に精確な1:13;000の登山マップが置いてあって親切です。

ちょっと右に下って温泉スタンドの近くから登山道に入ります(左の林道でもよい)。
20分くらいで風戸(あっと)の集落になります。秩父では山腹の集落が結構あるんです。
画像


ここの入り口に、風戸の鏡肌というチャートの露岩がありました。解説板では断層の摩擦による筋が見られるとありましたが、ちょっと苔っぽくてよくわかりませんでした。

集落の上に東屋があり、先週登った宝登山がよく見えました。
画像


このすぐ上に、登山者を数えるカウンターがあったので押して通過し、しばらく登ると前原尾根コースと合流します。
ちょっと急だったので息が切れます。パルスオキシメーターでSpO2を測ると91まで低下しました。だいぶ改善しましたが、やはり急な登りはきついですね。

猿岩という大きな露岩を通過していくと、モミジがきれいな箇所が何カ所か有ります。
画像


画像


大きめの東屋を過ぎると、ちょっとやせた尾根になって、しばらくで山頂です。
画像


眺めがよく、高齢の登山者で賑わっていました。先週も見た武甲山です。
画像


山頂からは西に下ります。札立峠で、さらに西の大前山まで進む計画もありましたが、12月は日が短いということで、峠から水潜寺に下ることにしました。

上部はチャートですが、下っていくといろいろな石が転がっています。
画像


泥岩が多く、薄く割れて脆いです。
画像


礫岩がチャートにくっついてありました。このあたりはいろいろな岩が混じったメランジュです。
画像


秩父札所34番の水潜寺に到着です。ここに石灰岩の洞窟があるそうですが、寄らずじまいでした。後で調べたら面白そうだったので、もったいないことをしました。
画像


日野沢川の対岸の民家です。石垣がいろいろな石を使っていて面白いです。
画像


日野沢川沿いに車まで車道を歩きます。途中廃校がありました。中をのぞくと「おたんじゅうびおめでとう」など掲示物がそのまま残っていました。
画像


1時過ぎには車に戻れたので、はやく帰宅できました。




タイム:秩父温泉9:40--10:25分岐10:35--11:25破風山11:50--12:45水潜寺--13:13秩父温泉

長瀞アルプスから宝登山(497m)

最近ハイキングに行こうとすると雨だったり、出発しようとしたら車のバッテリーが上がって動かなかったりして行けてなかったのですが、今日は下の子と長瀞アルプスから宝登山に登ってきました。

行きは東武東上線で寄居から秩父鉄道3駅の野上駅へ。
それにしても秩父鉄道は3駅で運賃が440円とすごく高い。

野上駅から西側の尾根に向かいます。長瀞アルプスへの案内板もあります。
「長瀞アルプス」といっても、見た感じ険しい部分はなく、のんびりした尾根歩きのようです。
画像


○○アルプスって結構ありますが、長瀞アルプスは本場のアルプスの1/10の標高しかありませんね。
しかし、このエリアは三波川変成岩という地層からなっていて、岩が板状に割れる面白い地質です。

さっそく三波川変成岩の石垣がありました。
画像

この石垣から浅い沢筋を登っていきます。

尾根上に出ると、紅葉の綺麗な雑木林になります。
画像


露岩はほとんどありませんが、一つだけ大きめのものがありました。これは硬そうでした。
画像


最近はどこもそうですが、トレランの人が走っていました。
雑木林のゆるいアップダウンで進むと、やがて林道に出ます。

林道を少し歩くと、左手の宝登山への登山道に入ります。ここから標高差150m位ですが、階段が200段くらい続いて息が切れます。今回はパルスオキシメーター持ってくるの忘れましたが、なかなかつらい。

うわ、まだあるのか、と思って登り切ると、突然山頂になりました。
宝登山は2008年に家族で登ったことがありますtが、その時の3歳児も10歳になって大きくなりました。
画像


ロープウェイからの観光客も合わせて賑わう頂上からは、秩父盆地と武甲山がよく見えます。武甲山はすっかり削られていますが、北から見ると逆光で綺麗に見えます。
画像


山頂付近の岩は、地質図では玄武岩とありますが、三波川変成岩との違いがよく分かりませんでした。
画像


下りでは、対岸の斜面の尾根が綺麗に見えました。
画像


降りたところにある宝登山神社によって行きました。最近はどこに行っても中国語が聞こえますね。
画像


その後長瀞駅まで歩きました。お土産を買うのですが、秩父ではこれといったお土産の定番がなくて困りますね。
何か開発してほしいものです。


タイム:野上駅10:03--10:30尾根上--11:30林道--12:18宝登山12:50--13:30宝登神社



伊豆ヶ岳(851m)

久々に山らしい山に登ってきました。

秩父の伊豆ヶ岳ですが、2004年10月にも登ってます。その時は正丸峠からだったので標高差は200mだけ。今回は正丸駅からなので、標高差550mです。

東飯能で西武秩父線に乗ったのですが、すごい人です。しかし、巾着田の彼岸花を見る観光客だったので、次の高麗駅で半分以上降りていきました。

正丸駅で降りて、大蔵山方面の沢沿いに進みます。沢はチャートの赤い石が多く、途中チャートの小滝の連瀑があってきれいでした。


奥まで人家が続きますが、標高400m付近で正丸峠への道から分かれて左の沢に入ります。
赤チャートと灰色チャートが組み合わさった沢床があってきれいでした。


480m付近で二つに分かれますが、南側のルートをとります。尾根に出る直前は急で息が上がります。650mの尾根に上がったところでパルスオキシメータでSpO2を測ると87まで下がってました。少し休んで回復してから尾根を稜線に向かいます。

稜線に出たところは男坂の直下です。以前は女坂に迂回しましたが、今回は男坂の岩場を登ることにします。
連れてきた下の子は少しビビってましたが、足場をしっかり確認するようにして登らせました。



傾斜はそれほどでもないですが、距離が長いので高度感が出てきます。鎖はしっかりしているので安心です。
鎖場が過ぎても、ちょっとした岩場の乗っ越しがあって山頂です。



下山は南側の久通に下る沢道にします。急な南側の下りで、山伏峠への道を右にわけ、暗部まで下ると左手に沢に降りるルートになりますが、通る人が少なく荒れていて、あまり明瞭ではありません。

主に左岸沿いに下っていくと林道に出るので、あとは道なりに下るだけです。

そのうち集落になりますが、山間部に造成された分譲住宅地があってびっくりしました。ここは家が建ってませんでしたが、下の方は結構建っていて、バブルの頃に開発されたのでしょうか。


沢を見ると、石灰岩とチャートが混じっていて面白いです。


西吾野駅までは車道が結構長く感じました。




タイム:正丸駅11:00--11:30正丸峠分岐--12:27 650m尾根上--13:30伊豆ヶ岳山頂13:45--16:04西吾野駅

VB6のVariant型をバイナリ保存した際のヘッダ

VB6特有のデータ型にVariant型がありますが、バイナリ保存した際に他の言語から取得する際にはヘッダを見て実際の型を判別する必要があります。

そこで、ヘッダバイトとデータ型の対応を調べてみました。

0:empty
1:null
2:Integer
3:Long
4:Single
5:Double
6:Currency
8:string
11:Boolean
17:Byte

といった感じです。