アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「地図」のブログ記事

みんなの「地図」ブログ


MANDARAでタイルマップ画像を生成する方法

2016/02/17 22:33
Web地図サービスで、Googleマップ上に独自の地図画像を重ねているサービスを見たことがあると思います(たとえば今昔マップ on the webなど)。

このような画像としてWeb上で地図を配信する際のフォーマットとして、タイルマップサービスというものがあります。
ここではMANDARAで作成した地図を、タイルマップ形式で出力する方法を紹介します。

ここでサンプルとして、国土数値情報の人口集中地区(DID)の埼玉県分を使用します。

1.ダウンロードしたファイルを解凍すると、次のようにシェープファイルが入っていることが分かります。このシェープファイルをMANDARAで読み込みます。
画像


2.MANDARAを実行し、起動画面でシェープファイル読み込みを選択します。
画像


3.「追加」で1で解凍したシェープファイルを選択します。座標系が緯度経度、測地系が世界測地系であることを確認し、投影法をメルカトル図法に設定しま、読み込みます。
タイルマップなどWeb地図サービスの地図はメルカトル図法が基本です。
画像


4.MANDARAの設定画面になります。ここでは色をすべて赤色に設定し、描画開始します。
画像


5.出力画面にDIDが表示されます。ファイルメニュータイルマップ作成を選択します。
画像


6.参照でまず保存フォルダを指定します。次にズームレベルを指定します。最大ズームレベルでは、ここでは15としてありますが、15の場合は住宅一軒ずつを判別するのは難しい程度の解像度です。最小ズームレベル8では、埼玉県が256×256ピクセルの画像に収まる程度の解像度となります。
次に画像ファイルでは、PNGを指定します。MANDARAで作成する地図は詳細なグラデーションなは少ないことが多いので、PNGが適当です。
最大ズームレベルの値を大きくすると、生成される画像ファイル数が大量になります。事前に生成ファイルカウントで調べましょう。一つズームレベルが上がると、生成されるファイル数は4倍になります。
OKとすると、画像の生成が始まります。最初は最大ズームレベルの地図が描画され、少しずつ切り抜いて画像ファイルとして保存されます。次に、作成された画像ファイルを合成して、一つ低いズームレベルの画像を生成していく作業が繰り返されます。
画像


7.6で指定したフォルダを見ると次のようになっています。8〜15のフォルダはズームレベルで、中にはまたフォルダがあり、
その中に256×256ピクセルサイズに分割された地図画像ファイルが入っています。
google_maps...、leaflet_sample...は、作成したタイルマップをブラウザで表示するサンプルです。
画像


8.開くとブラウザが起動し、タイルマップが表示されました。図はleafletというweb地図ライブラリを使用したものです。
画像


これらのフォルダとファイルを、自身のWebサイトにアップロードすれば、オリジナルWeb地図サービスを公開できます。
ただし、見栄えのよいサービスを提供するには、Google Maps APIやleafletといったライブラリや、JavaScript、htmlの知識が必要です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Web等高線メーカーで作った伊豆・小笠原諸島の島々の等高線地図

2014/09/21 22:55
Web等高線メーカーで作った伊豆・小笠原諸島の火山島の等高線地図です。
10m間隔(太線は50m間隔)、縮尺は島ごとに異なります。
カーソルを持って行くと島の名前が出ます。

画像

画像


画像

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地球儀を使って大きさ、距離、方位を調べよう

2011/12/02 23:05
多くの人は、ミラー図法等の円等図法の世界地図で地球を認識しているため、距離や面積などを勘違いして記憶しています。


その点を理解するために適した問題を二つの講義で学生156人に出題しました。ミラー図法の地図を見ながら回答してもらいます。
画像


■アフリカ、オーストラリア、北アメリカ、グリーンランド、南極大陸を大きい順に並べよう。

一番多かった回答は、
南極大陸>北アメリカ>アフリカ>グリーンランド>オーストラリア
で、20.5%を占めました。

ミラー図法で巨大化した南極大陸を本当に広いと思い込んでいる人が多いことを示しています。

この問題の正答率は5.1%でした。


■アイスランド、エジプト、グリーンランドを日本から近い順に並べよう。

一番多かった回答は
エジプト<アイスランド<グリーンランド北端
で57.7%を占めました。

高緯度を通過すれば近い地域が遠く認識してしまうことを示しています。

この問題の正答率は8.3%でした。


■日本から見たグリーンランドの方位

一番多かった回答は「北東」で54.5%でした。
日本を中心としたミラー図法だと左右に分割されてしまうグリーンランドの方位を理解するのは地球儀でないと難しいですね。
この問題の正答率は18.6%でした。

■日本から見たインドの方位

一番多かった回答は「南西」で58.3%でした。
この問題の正答率は20.5%でした。

■日本から見たアメリカ西海岸の方位

一番多かった回答は「東」で55.8%でした。
試験問題でよく出ますが、高校で地理を履修していないため知らないようです。
この問題の正答率は19.9%でした。

■アメリカ西海岸からみた日本の方位

一番多かった回答は「西」で57.1%でした。
日本からアメリカ西海岸を見ると北東ですが、逆方向の南西ではないという点が面白いというか混乱しますね。
この問題の正答率は8.3%でした。

■正解は自分で地球儀を使って測定してご確認下さい。
http://ktgis.net/lab/etc/globe/index.html
画像


小さな地球儀も集めると壮観です。「地球儀のれん」を作ってみました。
画像


■正距方位図法と日本から見た南米の方位

日本を中心とした正距方位図法は時々見ることがありますが、南アメリカはなんであんなに曲がった形なのか疑問に思ったことはありませんか?
画像


地球儀で実際に南米各地を日本と最短距離で結び、方位を計測してみます。
すると、南米の中で少し移動するだけで日本からの最短経路が大きく変化し、それにつれて方位が北〜東〜南東へと変化していきます。やはり正距方位図法の方位は正しかったと理解できます。


なお、この内容は暗記しろというものではありません。
正しい面積、距離、方位を知るには地球儀が最も優れており、社会科・地理教育で活用してほしい、ということで記述したものです。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


「今昔マップ2」に「仙台〜いわき編」を追加しました

2011/11/10 11:10
拙作ソフト時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」のデータセットに、「仙台〜いわき編」を追加しました。

http://ktgis.net/kjmap/

以前からご利用の場合は、ソフト本体のバージョンアップが必要ですので、こちらからバージョンアップ版をダウンロード・解凍して上書きコピーしてください。

http://ktgis.net/kjmap/download.html

「仙台〜いわき編」では、「三陸海岸北編」「三陸海岸南編」と同様、1/50,000地形図を4時点収録しています。

収録範囲は次の範囲です。


また、ソフトの2.13へのバージョンアップに伴い、東日本大震災被災地の5〜6月の空中写真を電子国土から取得できるようになっています。

いくつか表示例を示します。


東松島市/野蒜海岸


相馬市・南相馬市/八沢浦干拓


双葉町・大熊町/福島第一原発


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「今昔マップ2」三陸海岸北編・三陸海岸南編を公開しました

2011/08/22 15:11
拙作ソフト時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」のデータセットに、「三陸海岸北編」「三陸海岸南編」を追加しました。

http://ktgis.net/kjmap/

以前からご利用の場合は、ソフト本体のバージョンアップが必要ですので、こちらからバージョンアップ版をダウンロード・解凍して上書きコピーしてください。

http://ktgis.net/kjmap/download.html

これまでの「首都圏編」「京阪神圏編」「中京圏編」では、1/25,000地形図を収録していましたが、「三陸海岸北編」「三陸海岸南編」では1/50,000地形図を4時点収録しています。これは当該地域で戦前の1/25,000地形図が作成されていないためです。

地形図の収録範囲です。
画像


時期は、大正時代、昭和20年代、50年前後、平成10年代となります。

電子国土より追加できるデータとして、電子国土基本図(地図情報)、1970年代の国土画像情報、さらに2011年東日本大震災後空中写真があります。

女川町の地形図を「三陸海岸南編」で見てみます。
この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の5万分の1地形図、数値地図25000(地名・公共施設)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平23情使、第243号)

大正2年測図「石巻」
画像


平成14年修正「石巻」
画像


女川町の海岸部はかなり埋め立てられていることが分かります。

東日本大震災後被災地空中写真
画像


元の地形図が1/50,000ということで、細かな変化はなかなか見つけにくいのですが、かつての集落の高台移転なども注意すれば探すことが出来ます。

なお、昭和20年代の地形図までは、海岸線の形状が結構ずれています。
また、昭和20年代の地形図は応急修正版で米軍の空中写真を使用しているとのことです。

様々な用途に利用していただければ幸いです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


「今昔マップ」2.10を公開しました

2011/06/22 23:07
首都圏・中京圏・京阪神圏の旧版地形図を新旧切り替えながら表示させ、比較しながら楽しめる「今昔マップ2」のバージョン2.10を公開しました。
http://ktgis.net/kjmap/

今回のバージョンアップでは以下のようなデータの追加・修正があります。

データの追加
・中京圏編、京阪神圏編に明治期の1/2万正式図をそれぞれ63枚、66枚分追加しました。
・首都圏編のI期にデータに「東京西部」と「吉祥寺」(田無)の図幅を追加しました。

機能の追加
・「国土画像情報空中写真」から画像をダウンロードできるようにしました。
・「電子国土基本図(地図情報)」から地図画像をダウンロードできるようにしました。
・「電子国土基本図(オルソ画像)」から画像をダウンロードできるようにしました。

ダウンロードはこちらから。
http://ktgis.net/kjmap/download.html

既にご利用の方は、「今昔マップ2.10バージョンアップ用」をダウンロードして、解凍して出てきた中身を従来の「今昔マップ」フォルダにコピーし、上書きして下さい。

ちなみにこちらは、明治24年測図1/2万地形図の岐阜県松山中嶋村。
画像


こちらは、大正9年測図の同一箇所。木曽三川分流工事により村全体が河道になりました。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Googleマイマップで作ったような分布図を、マイマップでない方法で作る方法

2011/04/13 00:01
ジオコーディングのページおよび緯度経度から地図化のページで゜、表示した分布図をそのままウェッブサイトとして表示できる「HTMLデータ取得」機能を作成しました。

http://ktgis.net/gcode/lonlatmapping.html

ポイントを表示しておいて、「HTMLデータ取得」をクリックすると、テクストボックスにHTMLデータが表示されます。
HTMLをコピーしてメモ帳に貼りつけ、文字コードUTF-8、拡張子htmlで保存します。
ファイルをどこかのサーバーにアップロードしておく必要があります。

クリックした吹き出しの中の注釈はHTMLファイル内のデータを編集することで追加できます。
また、アイコンも変更できます。

この機能を作るのに3日間もかかってしまいましたが、満足できる状態になりました。


ブログ中にも、iframeタグを使えば、たとえばこんな感じの地図を表示できます。



こちらは東日本大震災のYoutube動画を地図上でクリックして表示できるようにしたものです。動画と地図を対照させて撮影地点をおおむねピンポイントで特定しています。たいへんな状況下、このような動画を撮られた方々に敬意を表します。
新しいウインドウで表示

記事へ驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


地球儀の使い方(日付に対応した自転を楽しむ)

2011/04/05 15:00
地理学習の地球儀では、国の位置を調べたり、距離や方位を測ったりして、正しい地球・世界のイメージを理解するのに役立ちますが、他にはどのように使えるでしょうか。

ここでは、固定された地軸の傾きと、自転の回転を使った活用方法を紹介します。

通常の地球儀は次の写真のように傾けて取り付けられていますが、これは地球の自転軸が公転面に対して垂直でなく、約23.4度傾いていることを示しています。地球儀を固定している枠を「弓」と呼んでいますが、これには緯度の目盛がついています。

画像


今回はこの「弓」を使って、日付に対応した自転状況を再現する方法を紹介します。

その際に地球儀を自分から見て真正面に弓が来るように置きます(何だか写真だと弓が歪んでますが...)。これが夏至の日に太陽から地球を眺めた状態となります。

この状態で地球儀を回転させると、夏至の日の1日を再現できます。地球の自転方向は西から東ですので、その方向に回転させていき、日本が左側から見えた瞬間が、日本の日の出となります。

画像


夏至以外では、冬至も簡単に分かりますが、それ以外の状態を知る場合は、台座に月が入った目盛をつけておきます。

秋分と春分がどちら側に来るかわかりにくいかも知れませんが、地球の公転の向きは自転と同様、北極側から見て反時計回りです。

目盛は次のようになります。なお、目盛りは台座に固定しておきます。

画像


調べたい時期の目盛りを、自分から見て正面に向くように台座を動かせば、その時期の地球の昼夜の変化が簡単に分かります。正面に来た場所がちょうど正午となります。


※最初から目盛がついた地球儀をメーカーさんが製造してくれると助かりますね。

※地球儀製造・販売の(株)オルビイスさんが、「季節目盛」と題した目盛シートを付属させて販売してくれるそうです。(4/25追記)
http://www.orbys.jp/2011/04/25/t23/


これによってどのようなことが分かるかというと、

・夏至(冬至の日)には一日中太陽から見える(見えない)場所があるぞ!
 →北極圏(南極圏)

・夏至(冬至)の正午に正面に来た地点に破線が引いてあるぞ!
 →北回帰線(南回帰線)

・4/5のテレビでロンドンの朝を中継していた。日本はいつごろだろう?
 →地球儀を回すとほとんど日本は日没だ。冬至の頃は日本とイギリスに同時に日が当たることはないようだ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0


地球儀の作製と活用のページを作りました

2010/03/26 14:20
これまで地球儀の作製関係をブログでいろいろ書いてきましたが、詳細な作製方法と活用方法をホームページ上に作りました。

http://ktgis.net/lab/etc/globe/

夏休みの自由研究や、学校・大学の授業で作ってみたいという方の参考になれば幸いです。

明日から日本地理学会ですが、あさってはこの内容で発表の予定です。

半年以上試行錯誤しましたが、これで地球儀作成は一段落といったところです。

もしこの方法で作成された方がいらっしゃいましたら、コメントしていただけると嬉しいです。

ピンをたくさん刺して日本からイギリスまでの海上距離を測ってみました。

スエズ運河経由だと、2万3000kmくらいのようです。
画像


北極海経由ですと、1万2000kmくらいでたいへん近くなります。もっとも、氷がとけていないとだめですが。


記事へ面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10


大学の授業で地球儀作製

2009/10/14 21:39
この内容はこちらのページで詳しく解説しています。(2010/3/26)
http://ktgis.net/lab/etc/globe/

地球儀作製の記事をいくつか書いてきましたが、

http://standardization.at.webry.info/200910/article_1.html
http://standardization.at.webry.info/200908/article_5.html
http://standardization.at.webry.info/200907/article_1.html

今日は大学生90人に一人一個ずつ作ってもらいました。
作る前に、ミラー図法の世界地図を見ながら、

面積の大きい順に並べよう
アイスランド
オーストラリア
グリーンランド
ケニア

をやってもらいました。
多くの学生は、グリーンランド、オーストラリア、アイスランド、ケニア
と並べていました。(思う壺・・・)

また、

日本から距離の近い順に並べよう
グリーンランド北端
アイスランド
エジプト

もやってもらいました。
多くの学生は、エジプト、アイスランド、グリーンランド北端
と並べていました。(またまた思う壺・・・)

次に地球儀を作成しました。



地球儀で面積を見ると、

オーストラリア、グリーンランド、ケニア、アイスランド

と気づき、「グリーンランドってこんなに小さいんだ〜」、とビックリしてました(今更感もありますが・・・)。

日本からの距離では
グリーンランド北端、アイスランド、エジプト
の順であることに気づき、「グリーンランドってこんなん近いんだ〜」とビックリしてました(これはちょっと意外ですよね)。

地球儀の素晴らしさを体感していただけたようです。

これで90分ちょうどくらいでした。机を動かしてグループを作るのに15分くらいかかったので、実質は70分くらいでしょうか。

ただ、残念なことに、舟型多円錐図法の地図のサイズを3mm小さく印刷してしまい、ボールよりも小さくなってすき間ができてしまいました。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


タイトル 日 時
地球儀を使った実践授業
地球儀の作成方法は、こちらのページで詳しく解説しています。(2010/3/26) http://ktgis.net/lab/etc/globe/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/02 23:24
教員免許状更新講習
今日は教員免許状更新講習の日です。120分の授業が3コマもあり、かなりの長丁場です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/24 23:38
50円で地球儀を作成
50円で地球儀を作成 地球儀の作製方法については、こちらのページで詳しく解説しています。(2010/3/26) http://ktgis.net/lab/etc/globe/ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/02 11:19
埼玉県立歴史と民俗の博物館で講演
埼玉県立歴史と民俗の博物館で講演いたしました。 100人あまりの参加者がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/14 23:18
疎開空地と道路
こちらは川口市の川口駅から南東に延びる、本町大通りの地図。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/09 21:58
埼玉県立歴史と民俗の博物館
13日(土)に埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会のイベントでお話しさせてもらいます。お暇でしたらどうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/07 21:32
国土地形基盤
国土地理院が、「国土地形基盤」というものを作成することにしたという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/27 22:12
国土変遷アーカイブがリニューアル
国土地理院の空中写真閲覧サービス「国土変遷アーカイブ」がリニューアルされて検索しやすくなっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 12:13
Google Earth用関東常住・昼間人口3次メッシュと地価公示価格・用途地域KMZ
Google Earth用関東常住・昼間人口3次メッシュと地価公示価格・用途地域KMZ Google Earth用のKMZファイルを3つ作成しました。 グラフィック性能の低いパソコンですと、うまく表示されません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/20 23:44
電子国土 簡単地図作成サイト
ホームページへの地図の貼り付けというと、Google Mapsが先駆けだが、山の地図を貼る際は等高線がわからないので使えない。そこではやはり地形図。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 23:56
Google Earth用のコロンブスとヴァスコ・ダ・ガマの航路
Google Earth用のコロンブスとヴァスコ・ダ・ガマの航路 Google Earth用のKML/KMZファイルを公開します。 今回は、コロンブスとヴァスコ・ダ・ガマの航路をコメント付きで表示するものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/03 00:26
今昔マップ2 続き
今昔マップ2がだいぶ完成したが、まだ人文地理学会まで時間がある。 せっかくなので、スキャン済みの明治時代の正式1/20,000地形図を表示できるようにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 22:30
国土地理院「古地図コレクション」
国土地理院ホームページの「古地図コレクション」がリニューアルされて見やすくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 09:39
測量成果の使用承認申請
「今昔マップ」の画像がすべてそろったので、国土地理院に測量成果の使用承認申請を提出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 08:46
今昔マップで武蔵小杉駅周辺の変化を見る
今昔マップで武蔵小杉駅周辺の変化を見る 先に紹介した「今昔マップ」で最近マンションが林立したことで話題となっている武蔵小杉駅周辺を見てみよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/25 20:56
みかん地球儀
みかん地球儀 みかん地球儀 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/20 00:24
新ウォッちず解析
国土地理院の地形図閲覧システム「ウォッちず」が4月から新しくなっている。このシステムを一部解析した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/26 21:25
歴史的農業環境閲覧システム
農業環境技術研究所より、明治時代の「迅速測図」 を閲覧するシステムが公開された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/26 00:39
過去の地形図
S先生によると、T学校には戦後の1/25,000地形図がすべてそろっているという話だったので、見学させてもらいにいく。確かにほぼそろっているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/01 18:59

トップへ | みんなの「地図」ブログ

標準化ブログ 地図のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる