標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日和田山〜物見山(375m)〜黒尾根

<<   作成日時 : 2015/12/19 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は室内犬のトレーニングのため日和田山にでかけました。

巾着田の駐車場にとめますが、少ししかとまっていません。
登山口に向かうと、コンビニの横にあった布袋様が違う位置に移動してました。

登山口の駐車場にはたくさん車がとまってます。

鳥居のところからは男坂に向かいます。
画像


人と歩くところがちょっと違います。
画像


ちょっと息が切れましたが、金比羅神社に到着。10回くらいはきてると思います。
いつもの巾着田をはじめ、今日は空気が澄んでいて富士山もよく見えました。
ここは風が当たらず暖かいです。
画像


弁当を食べていたら、唐揚げを落としてしまいましたが、犬が全部拾って食べてくれました(笑)。
画像


日和田山の頂上はパスして、物見山に向かいます。
画像

画像


物見山から巾着田に戻るのに、いくつかある沢沿いの林道から降りようかと、地形図で適当に目星をつけておきました。

小瀬名集落への分岐で南にいく道に入り、左に駒高集落への道を分けて尾根を進みます。看板を見たら、黒尾根と書いてありました。

地形図では西側の尾根に行く道を右に分けるはずですが、よくわからずそのまま進むと送電線の鉄塔です。ここから右下に西側の沢に下るようですが、道はそのまま尾根を南に向かいます。

間伐作業中の隣を通ってどんどん進みます。このまま下るとどこに出るかわからないので、できれば東側の駒高から沢沿いに下る林道に降りたいところです。

標高240m付近から東に向かう尾根があるので、そこに道があるかな〜と思っていたら、案の定、左・山道、まっすぐ高麗、という看板があります。

高麗でもいいけどはやいところ車道に出ようということで、左の「山道」を下ることにします。最初は踏み跡が濃かったのですが、途中で右下に下る部分で消えてしまいます。

右下に下らず、まっすぐ尾根上を下ると、薄いながらも踏み跡があり、ちょっとした鞍部に到着。

北側と南側両方から踏み跡らしきものがあって峠状ですが、左の方が林道にはやく出そうなので左を下ります。

林道が見えてきましたが、そうとう藪っぽいです。一人ならいいですが、子どもと犬がいるので気をつけて下ります。

林道に出る箇所の小沢に木が渡してありますが、腐っていて渡れないのでちょっと苦労して道路に出ます。

室内犬が降りれない、と言い出したので、抱っこして降りました。

あとは道路沿いに下って巾着田に戻ることができました。
画像


全然ネットで調べずに適当に歩いたのですが、返ってから調べるとこのあたりの尾根にはだいたい道がついていて歩いている人が結構いるようです。





タイム:巾着田駐車場11:40−−12:10金比羅神社12:40−−13:30物見山13:45−−15:00巾着田

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日和田山〜物見山(375m)〜黒尾根 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる