標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 群馬県・栃木県の地図作成

<<   作成日時 : 2010/12/27 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

埼玉県、群馬県、栃木県には、明治時代の町の業種構成がわかる住宅地図のようなものがあって、それぞれ埼玉県営業便覧、群馬県営業便覧、栃木県営業便覧という本で復刻版が出ています。

埼玉県営業便覧については、業種構成を調べて論文化したほか、授業や免許更新講習で活用していますが、現代の住宅地図と見比べると、ほぼすべての店舗が掲載されていて驚かされます。

で、栃木・群馬については、去年のゼミ生の卒論で調べてもらったのですが、論文化するにはより完璧にしないといけないので、商店街の描画範囲が当時の町の全体を網羅しているかどうかをまず調べます。

そのために、迅速図、正式1/2万、1/2.5万、1/5万地形図などを集めているのですが、今日は国土地理院関東地方測量部に出かけて残りの必要なものを購入してきました。

研究室に戻ってから、前期にバイトで作ってもらった白地図画像を元に、明治時代の群馬・栃木の市町村界データを作成しました。半日MANDARAで猛烈に作業したら、見事完成しました。

地図データを作っていて気づいたのですが、高崎線のほか、両毛線や上信電鉄も明治時代にできてたんですね。やはり生糸の輸送のためでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
群馬県・栃木県の地図作成 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる