標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新日鉄君津工場見学

<<   作成日時 : 2010/02/15 22:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

社会専修の学生32名と経済の先生とで、新日鉄君津製鉄所に工場見学に行ってきました。

大学を出て、首都高・アクアライン経由で向かいます。
学生は六本木ヒルズや東京タワー、レインボーブリッジなどを見て歓声を上げていました。渋谷より向こうにはあまり行かないようです。
普段は自分で運転して首都高を走るので、周囲もよく見れませんが、バスだと高い位置からのんびり見れて楽しめます。

首都高は渋滞もほとんど無く、アクアラインの海ほたるに到着です。残念ながら曇天で視界はよくありませんでした。

海ほたるから20分くらいで君津製鉄所に到着です。
本館で映像や広報の方から説明していただき、バスで工場に入ります。
タイヤが64本もある140トン積みトラックが走っています。

最初はプラスチックリサイクル工場の見学です。プラスチック~ゴミを熱分解して、ガス、コークス、油に分解して再資源化しています。

続いて高炉に移動します。工場内には線路が多数敷設されています。巨大な鍋の車両が並んでいます。これは鍋台車ですかねぇ。以前八幡製鉄所の「東田第一高炉史跡広場」を見学した際に、銑鉄を鍋台車で運んでいたが、その後トーピードカーが使われるにようになったと書いてありました。後で聞いたところ、ここの鍋台車は製銑過程で出るスラグを運んでいるそうです。

魚雷の形をしたトーピードカーが走ってきました。人は一人乗っているだけのようです。これも後から聞いたところ、運転は中央から指令して行っていて、乗っているのは見張りの人だそうです。

第四高炉前に到着です。ここは高さ120m、容積5,555立方メートルで、世界最大級です。1901年にできた東田第一高炉は494立方メートルなので、10倍以上の大きさです。写真撮影不可なのが残念です。

続いて厚板工場の見学ですが、停止しているということだったので、急遽線材工場に変更になってしまいました。期待していただけに残念でした。

線材ということで、やはり出てくるものも細いのですが、真っ赤な線材がコイル状に出てくるところは見ていて飽きません。音がすごいですね。季節が冬ということであまり暑くありませんでしたが、夏だったらどうなんでしょうねぇ。

最後に、本館に戻ってお茶をいだき、大学へと帰途につきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新日鉄君津工場見学 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる