標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都中央卸売市場のデータ

<<   作成日時 : 2008/11/26 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は社会科概説の講義で農業について話す予定だが、農業の統計は非常に多岐にわたっていて難しい。

そうした中で、卸売市場への地域別・月別農産物の取引実績を知りたい、と思ったら、意外にも?公開されているのを発見した。

東京都中央卸売市場の市場統計情報
http://www.shijou-tokei.metro.tokyo.jp/index.html

これがあれば、CSVでダウンロードできるので、いろいろ教材が作れそうだ。

画像
キャベツ

キャベツは時期によって産地が変化し、年間を通じて安定供給されている。

画像
レタス

レタスもキャベツと同様な傾向だ。でも産地は異なっている。

画像
ネギ

ネギは秋以外は関東地方でまかなわれている。中国産は量はまだそれほど多くないが、価格は全体平均の半額ぐらい。

画像
カボチャ

カボチャは北海道とニュージーランドが二大産地で、北半球と南半球の季節差を利用している。端境期をメキシコ、鹿児島、茨城が埋めて、年間を通じて安定供給されている。

画像
グレープフルーツ

アメリカと南アフリカが季節差で登場する。輸送距離はものすごく長そうだ。

画像
メロン類

メロン類はさらに品種毎に細分化できるが、まとめた。まとめるとメキシコ産のシェアは低く登場しない。国内産ばかりで夏に出荷が集中するので、値段の季節変動が大きい。
かっぱ寿司では同じ量を年中100円で出しているが、安いメキシコ産を使っているのだろうか。メキシコ産なら冬でもキロ当たり300円くらいしかしない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京都中央卸売市場のデータ 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる