標準化ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宅配ピザ店の立地

<<   作成日時 : 2008/05/14 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

火曜日の講義の続きである。

宅配ピザは、美容院とは異なり、基本的に客が出向くのではなく、店側から商品が配達される点に特色がある。

さいたま市内では、各ピザ店からの配達範囲は半径2〜3kmであり、ピザーラなどは等間隔で店舗を構えてさいたま市内のおおむね全域をカバーしている。

人口をピザ店舗数でわると、おおむね1店あたり5万人となる。

したがって、ピザ屋が立地する場所は、半径2〜3kmに人口5万人以上ある地点が条件となる。そして同範囲に人口10万人以上いれば、複数のピザ屋が競合することになり、消費者は複数のピザ屋から商品を選ぶことができる。

埼玉県でメッシュ人口データをもとに調べてみると、低人口密度地域では3km以内に約4万人が立地の成立閾人口となっていた。おそらく交通条件がよいため、宅配範囲が人口密集地域よりも広いのであろう。

逆に、3km以内に4万人未満の地区に立地しているピザ屋は1店だけであり、農村部ではピザ屋の立地はのぞめないことがわかる。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061205/256030/
画像


このように明瞭な結果になるのは、ピザ業界側が同様の分析を行って出店を行っているからである。

「ナポリの窯」では、パスコのGISを使って出店計画を立て、出店後には顧客分布、チラシ配布エリアの検討などに利用している。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061205/256030/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宅配ピザ店の立地 標準化ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる